やまみログ

主婦やパート、頑張る女性を応援!「稼ぐ」「貯める」「自己成長」など生活が充実する情報を発信中

やまみログ

【おでかけ】三鷹の森ジブリ美術館で気づいた「世界観作りで大切なこと」

f:id:yamami654:20190122224947j:plain

今回の記事で何を書くかというと「世界観」についてです。

お店を営業しているかた、物販のサイトを運営しているかた、ブロガーのかたなど、相手に魅力を感じてもらうための「世界観作り」というのは非常に大切なことですよね。

先日、三鷹の森ジブリ美術館に行ってきました。

今まで北海道に住んでいたので行く機会がなかったのですが、現在は日帰りで行ける距離に住んでいることもあり、念願叶いました。

ジブリの素晴らしさは誰でも知っていることですし、ジブリ美術館の楽しさは行ってみて体験してもらいたいので触れないつもりです。

今回の記事では、

  • ジブリ美術館で感じた世界観作りのポイント
  • 世界観があるブログ作りとは?

について書きました。

 アニメーションの中でも現実世界でも統一された世界観

ジブリの凄さは「それぞれの作品が持つ世界観」と「全作品ひっくるめてジブリとしての世界観」を両方合わせ持つことです。

となりのトトロ」で出てくるメイは3等身だし、もののけ姫の主人公サンは猛々しさ溢れる少女です。

絵の雰囲気を始め、ストーリー、時代背景何もかも違うのにどの作品もジブリらしさ」があるのは何故でしょうか?

監督が同じだからでしょうか?

それだけではないと感じます。

今回ジブリ美術館に行って驚いたことは、「ジブリの世界観」がそのまま現実世界にあったことです。

館内の写真撮影がNGだったので写真は屋外の写真のみとなります。

アニメに内装を真似ているからといった安直な理由で世界観を作っている感じではありませんでした。

ジブリ美術館が教えてくれた世界観作りで大切なこと

ジブリ美術館に訪れて、ジブリらしい世界観作りに大切なのは4つあると感じました。

  1. 細部までこだわること
  2. どこか懐かしさ(レトロ感)を感じられること
  3. 美しい自然を感じられること
  4. カタチや色の美しさにこだわること

次に紹介する看板には上記の4つのこだわりが全て含まれているのがわかりますか?

上記の看板は三鷹駅から美術館までの道沿いに設置された看板です。

どこかレトロで懐かしい雰囲気を醸しながらカタチや色までこだわって作られたのが伺えます。さらに草木や生き物などのモチーフが飾られています。

  • 細部までこだわること

  • どこか懐かしさ(レトロ感)を感じられること

  • 美しい自然を感じられること

  • カタチや色の美しさにこだわること

の4つが全てこの看板に凝縮されているのが凄いです。

このようにジブリにはポツンと歩道に立てられた看板ですら「世界観」があるのです。

明かりや窓、そしてドアノブや木枠の色などなど、じっくりみればみるほどジブリの世界です。

このように高いところから見下ろして眺めるシーン、映画でもよく出てくる構図だなぁと思いながら写真を撮りました。

映画と同じシーンが再現されているわけではないのですが、映画と重ねて見えてしまうのは世界観があるからでしょう。

自分の思い描く「世界観」を考えてみよう

私の場合、世界観を考えたいと思うのは当ブログです。さすがにジブリの世界観はこだわりの塊でなかなかマネできるものではありません。

しかし、今後のブログ作りに今回感じた「世界観」をブログ作りにも活かしたいと考えています。

ブログの見た目

簡単なところからいうと見た目です。有名サイトはすでに独自の世界観が構築されていることが多いですよね。私のような初心者は

  • デザインの統一
  • 色調の統一

などから手を付けるのが簡単かなと考えています。当ブログはまだ「ヘッダー」のデザインすらしていない状態なので…

あとは、「オリジナルキャラ」を毎回記事に登場させることで世界観を作っているかたもいますよね。

例えばヒトデさんです。

www.hitode-festival.com

キャラクターが可愛いし色調などの統一感があります。サイトに訪れるだけでなんか楽しい気分になるのも、ヒトデさんの世界観の賜物でしょう。

ブログの内容

いくらデザインに世界観があっても中身がスカスカだと意味がありません。大切なことは

  • 文章力
  • 読者に伝えたいメッセージ
  • 細部までこだわる

といったことが大切なのかなと考えています。

「読者に伝えたいメッセージ」というのはそのブログ全体を通じたテーマのことです。

「PCのレビュー」「仕事をクビになった」などジャンルや記事の内容は違えど、それらを通じて読者に伝えたいことは何か?

といったことを決めるのが大切だと感じています。

私の場合は「記事を読んでくれた人の生活に少しでも役立てる情報を伝えたい」というのが読者に伝えたいメッセージです。

ジブリで感じた世界観を自分のブログにどう活かすか?なかなか難しいですね・・・

まとめ

ジブリ美術館には「世界観の作り方」のヒントが沢山ありました。

メイとサンのように「異なったものを同じ世界観で統一する」チカラってなかなか備わるものではありません。だからこそ人は「世界観のあるもの」が好きだし憧れるのかもしれません。

最後になりますが、まだジブリ美術館に行ったことがないかたはぜひ行ってみてくださいね。

 

ジブリ美術館限定 天空の城ラピュタ 「飛行石ペンダント」Baccarat(バカラ)

ジブリ美術館限定 天空の城ラピュタ 「飛行石ペンダント」Baccarat(バカラ)