スポンサーリンク

アイキャッチ画像 作り方

ブログ用のアイキャッチ画像を作成するメリット作り方についてまとめました。

ブログ初心者のかたや、はてなブログを運用しているかたでアイキャッチ画像を載せていないかたはぜひ載せてみましょう!

このようなかたにおすすめの記事です

  1. 文字ばかりの記事になっているかた
  2. アクセス数を増やしたいかた
  3. アイキャッチ画像の作り方を知りたいかた
  4. 簡単に作る方法を知りたいかた
    スポンサーリンク

     アイキャッチ画像を作るメリット

    アイキャッチ画像とはブログの顔というべき画像のことを言います。

    「目を引く画像」「注目してくれる画像」のことで、ポスターや広告などもアイキャッチ画像と言えます。

    まずはアイキャッチ画像を作るメリットについて3つお伝えします。

    1.アクセス数が増える

    アイキャッチ画像があると記事に誘導ができるためアクセス数が増えます。1度訪問してくれた読者さんが2記事目、3記事目とドンドン読んでくれるようになります。そうなるとPV(ページビュー)が伸びますよね。

    ブログに訪れるのは主に「検索」や「はてなブログ」や「SNS」からの流入でしょう。

    検索流入の場合はアイキャッチ画像は見れませんが、はてなブログのカテゴリや、SNSなどはアイキャッチが表示されます。

    アイキャッチ画像 作り方

    ↑目を引くアイキャッチ画像があるとつい読みたくなりますね

    ツイッターで自分のブログ記事を紹介していますが、こんなふうに表示されます。

    2.ブログに統一感が出る

    画像やイラストを同じような雰囲気で統一すると、ブログ全体に統一感がでます。

    統一感があると読者は安心感信頼性を感じてもらえますよ。

    私のアイキャッチはあまり統一感がありませんが、最近は、「白い人」をマイキャラクターとして登場させたアイキャッチを使って統一感を出そうとしてます。

    ↑人間のイラストが上手くかけないのでこのような「白い人」にしています。

    ヨガはお団子ヘアのイメージがあるのでお団子ヘアの「白い人」を描き込んでます。ポーズはヨガのポーズでよくあるように合掌させてます。

     3.伝えたいイメージを伝えられる

    アイキャッチ画像があれば、記事の内容イメージ瞬時に理解することができます。

    ↑爪の絵を描くことで「ネイルの話かな?」とわかるようにしています。

    ↑乾燥した地面の写真に目がカピカピになったキャラクターを描いて、「乾燥」をイメージできるようにしました。

    アイキャッチ画像を作成する時のポイント

    アイキャッチ画像をまだ入れたことが無いかたはまずはフリー画像を入れるだけでも充分です。

    しかしアイキャッチ画像に文字入れをすることで印象をアップさせることができます。

    アイキャッチ画像を作成するときのポイントを3つご紹介しますね。

    1.写真選び

    写真の選びかたですが、まずは2通り抑えておけば大丈夫です。

    • 紹介している商品の写真
    • 記事の内容に合う写真を使う

    商品の紹介記事ならやはりアイキャッチ画像にも商品の写真を使ったほうが、何をおすすめしている記事なのかすぐにわかりますよね。

    商品の紹介は自分で撮った写真を使いましょう。

    ネットで探せば画像はいくらでもありますが、著作権の問題がありますので、必著作権フリーの画像を使いましょうね。

    ↑お恥ずかしながら着画です。顔が映らないように上を向いて撮影したので首に変な筋が出ていますが、このまま使いました。

    ↑ 手帳術の紹介の記事では、手帳のフリー画像を使用しています。

    2.デザイン選び

    アイキャッチ画像の作り方

    ↑おしゃれな雰囲気にするのか、ポップなテイストにするかによってブログ全体の雰囲気が変わりますよ。

    3.キャッチコピー選び

    「え!?なになに!?!?」と引き込まれるようなキャッチコピーを入れるのが理想です。私はタイトル同じ文章か、それをちょっと短くした文章を入れることが多いです。

    スポンサーリンク

    アイキャッチ画像を無料で作る4つの方法

    長くなりましたが、ここからは実際にアイキャッチ画像を作る方法をご紹介します。

    どれも無料で作れますので気軽に試してみてくださいね。

    CANVAはセンス無しでもおしゃれに決まる

    無料で使えるデザインツールCANVAは、おしゃれなアイキャッチ画像を作りたいかたにおすすめです。

    既に文字の配置などが決まっているのであとは文字を変更したり、背景の写真を入れ替えるだけで簡単に作れます。

    アイキャッチ画像 CANVA

    ↑こんな感じであれば5分作成できますよ。

    >>さっそくCANVAを使ってみる!

    イラストアプリで自分らしさを出す

    アイキャッチ画像 作り方

    私は普段、パソコンに入っているイラストソフト(スケッチパッド)を使ってアイキャッチ画像を作成しています。素人感満載のアイキャッチなんですが、下手さが親近感があっていいかなと思っています。

    パソコンで描きたいなら

    などがあります。

    ↑こちらのアイキャッチ画像はピクシブスケッチを使って描きました。

    スマホの加工アプリで隙間時間にサクッと仕上げる

    スマホでもアイキャッチ画像は作れます。

    現在のパソコンを使用する前はスマホでイラストを描いていました。

    ↑これはピクシブスケッチで絵を描いたあと、加工アプリで文字をのせました。

    スマホの加工アプリだと

    ピクコラージュがおすすめです。

    落書き感覚!手描きしたものを写真にUP

    上記のどの方法も面倒!と思うかたは手描きしたものを写真でUPするのも楽ちんですよ♪

    ↑こちらは1分で描きました!色鉛筆やサインペンなどをつかえばもっと可愛らしく作れます。

    多分これが1番早い方法かもしれません!

    注意!編集オプションでアイキャッチ画像の指定を忘れずに行おう

    はてなブログ 編集オプション

    ブログ記事作成から、編集オプションを開いて、どの写真をアイキャッチ画像にするか選びましょう。

    記事に何枚も写真を使用していると、1番初めにブログに入れた写真がアイキャッチ画像になってしまいます。

    私はアイキャッチ画像は記事が7~8割できた段階で作成することが多いので、必ず編集オプションで設定しています。

    アイキャッチ画像の配置は記事タイトル下に入れよう

    アイキャッチ画像を配置する場所は、タイトルのすぐ下がおすすめです。

    文字から記事に入るよりも、画像から記事に入るほうが読んでもらいやすいからです。

    それに、ほとんどと言ってもいいくらい有名なブロガーさんも「タイトルの下」にアイキャッチが入っています。

    まとめ:アイキャッチ画像でもっと魅力的なブログにしよう

    アイキャッチ画像を作成するメリット作り方をご紹介しました。

    アイキャッチ画像を載せるとブログに統一感がでますし、アクセス数もアップします。また、自分の伝えたいイメージも読者に伝わりやすくなります。

    今回は、CANVAを使う、イラストソフトアプリを使う、手描きで作成の方法を紹介しました。

    お気に入りのブログのアイキャッチ画像を参考にして、オリジナルのアイキャッチを作るのもいいかもしれませんね。

    ぜひ、アイキャッチ画像を作成してもっと魅力的なブログ作りを目指していきましょう。

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事