スポンサーリンク

こんにちは!
元エステティシャンのやまみです♪

この記事では「洗たくマグちゃんをクエン酸で復活させる方法」について紹介しています。

  • 洗たくマグちゃんのお手入れ方法を知りたい
  • 購入を検討しているけれど、手入れが面倒くさくないかな?

結論をいうと、とってもカンタンです♪

ちなみに私は洗たくマグちゃんを7カ月使っています。

娘がアトピー持ちなので、洗剤を使わずに洗たくできるので重宝しています。

↓洗たくマグちゃんの詳細が知りたいかたはコチラ↓

洗たくマグちゃんは約300回使用できるとのことですが、もうそろそろ300回くらいになりそうなので、クエン酸でお手入れすることにしました!

お手入れは3分ほどでできたので、ぜひお試しあれ~~♪
スポンサーリンク

 クエン酸に付けると新品同様に戻る?還元反応について

洗たくマグちゃん 汚れが落ちるしくみ

洗たくマグちゃんは、アルカリ水の力で汚れを落とします。

アルカリ水は、水とマグネシウムが反応すると発生するんです。

そのかわり、マグちゃんは少しずつ小さくなっていくのと、表面に膜ができてしまいます。

反応の逆を「還元」といって、効果が薄れてきたマグちゃんをもとのピカピカに戻すことができます。

洗たくマグちゃん 復活 メンテナンス 化学反応式

マグちゃんは99.95%マグネシウムの粒でできています。

使っているうちに膜で覆われてしまって水素を発生させることができなくなってしまいます。

クエン酸やお酢に付けると、還元反応で、本来のピカピカのマグちゃんに戻ります。

因みに、キレイになったあとも「クエン酸マグネシウム」なので本来のマグネシウムじゃありません。でも、お洗濯していくとそのクエン酸は取れてしまうので問題ありませんよ。

実際にお手入れしてみた

洗たくマグちゃん 8g減っていた

まず、洗たくマグちゃんは7カ月でどのくらい減っているのか調べてみました。

マグちゃん1個に50gのマグネシウムが入っているのかな?

と、思ったんですが、「本体重量50g」とあったので、カバー含めて50gのようですね。

それでも、2個で7.5gも軽くなっているとはオドロキです。

用意するもの

クエン酸 食用 掃除用 どちらも可能

  • 洗面器やバケツ
  • クエン酸(食用、掃除用どちらでも可)
  • 水(浸る浸る程度でOK)

うちに丁度クエン酸があったので、クエン酸で試すことにしました。

洗たくマグちゃんはクエン酸で復活できる

大さじ2杯いれてみました。

(ちょっと多いかな?)

反応してシュワシュワ音がする

炭酸ソーダみたいなシュワシュワした音が聞こえます。

泡は出てきませんでした。

メンテナンスは3分でOK タイマーで測る

あまりやりすぎるとマグネシウムが溶けてしまうので、3分間でやってみました。

クエン酸に漬け込んで揉み込む

私は揉み洗いをしましたが、浸け置きなら15分くらいが目安です。

3分たったら完了です!!

スポンサーリンク

 効果が落ちていなければやらなくてよし!!膜は勝手に落ちるため

今回、クエン酸で「膜落とし」をしましたが、使用していて効果が落ちていないのならやる必要はありません。

洗たくマグちゃんはそのカバーの形状が、洗たく中にコロコロ動いて勝手に膜を落としてくれます。

私の場合、7カ月使っていて、効果が落ちてきたな~と感じることはありませんでした。

洗濯干しのニオイや、汚れの落ちについてもほとんど変化がありません。

もし、自作マグちゃんを使用しているなら、カバーの形状がマグネシウムが転がるようにはなっていないと思うので、「膜落とし」をしたほうがいいでしょう。

※ストッキングや洗たくネットが破れて洗濯機が壊れる場合があります。自作する場合はくれぐれも注意してくださいね!!

まとめ:効果が落ちてきても復活はカンタン!!

洗たくマグちゃんの復活方法について紹介しました。

マグちゃんの効果が落ちてきたな~と感じるのは2つの場合です。

  • マグネシウム量が減ってきた
  • マグネシウムの周りに膜ができ、水素が発生できない

使い続けると、マグネシウムは減っていきますので、新しいものに買い換えるか、追加投入しましょう。

もしくは、1度「膜落とし」をしてみましょう。

クエン酸や酢を使うと、カンタンにできます。

また、効果が落ちていない場合は無理にする必要はありません。

洗濯すれば、膜は勝手に落ちていきます。

洗たくマグちゃん、とっても便利でおすすめです!!

↓洗たくマグちゃん

↓ベビーマグちゃん

↓ランドリーマグちゃん

スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事