スポンサーリンク

こんにちは、やまみです。

子供の誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントはいつも悩みますよね。

せっかくのプレゼントなのに、すぐ飽きて遊ばなくなってしまったら残念です。

我が家も子供のプレゼントにはできれば「長く遊べるおもちゃ」がいいなと思い選んでおります。

今回は娘が5歳のときにクリスマスプレゼント(サンタさんから)として贈った「おえかきアーティスト」小学2年生となった今でも「1軍選手」のおもちゃです。

「長く遊べるおもちゃ」をお探しの方や、「おえかきアーティスト」を検討中の方の参考になれば幸いです。

このようなかたにオススメの記事です

  • おえかきアーティストの機能が知りたい
  • どんな遊びができるの?
  • ひらがな練習もできるタブレットを探している
  • 幼児向けのプレゼントを探している
スポンサーリンク

f:id:yamami654:20181114153317j:image

おえかきアーティストは「日本おもちゃ大賞2016」にも輝いたおもちゃで、良質で安全なおもちゃに対して与えられる賞です。

タッチパネルディスプレイのおもちゃですが、スマホやタブレットのお絵描き機能と違って、操作が分かりやすく、「おえかきせんせい」のような感覚で遊べるおもちゃです。

絵を描いていると可愛い効果音がでたり、操作ボタンを押すときもおもしろい音がでます。それも子供が夢中になる一つかもしれません。

遊べるモードは10種類も入ってます!

f:id:yamami654:20181114153359j:image

・おえかき

・ぬりえ

・せんなぞり

・もじなぞり

・マンガ作成

・カメラ

・パラパラ写真

・動く絵

・パラパラアニメ

の10種類があります。娘が一番遊ぶことが多いのは「おえかき」モードです。あとは、「動く絵」なんかも気にっているようで遊んでますね♪

写真を撮ったりはあまり使っていないようです。パラパラアニメは絵を何個も書かないといけないので難易度は高めです。

モードを選ぶページは絵でわかりやすい

まだ文字を読めなくても絵柄をみてモード選択できるのもいいですね♪

スポンサーリンク

おえかきアーティストを使ってみた感想

f:id:yamami654:20181114153330j:image

よかったところ

紙で書くのとは違う楽しさがあります。色を塗ったり、間違っても消したりすることができるし、カラフルに仕上がります。

まだ、筆圧がなくてうまく絵が描けないお子さんにもおすすめです。

イマイチだったところ

アダプターが別売りだったことです。電池では一度も使用したことがないのですが、どうせならアダプターも付属で販売してほしかったです。

あとは音量が結構大きいです。ボタンを押したり、タッチペンで絵をかくとき必ず効果音が出るんですが、結構な大きさです。

隣の部屋にいてもはっきり聴こえてきます。音量設定はできるのですが、コンセントを抜くとまた初めの設定に戻ってしまうので、めんどうです。

ひらがなの練習に最適!

紙とえんぴつだと、筆圧が弱いお子さんにとって書くのが難しいこともあります。

おえかきアーティストでの勉強だと、文字の練習をはじめたお子さんにぴったりです。

書き順通りに、点滅して教えてくれます。また、ことばも覚えられるので一石二鳥ですね♪

線なぞりも楽しい工夫が!

ひらがなを練習するのは少し早いかなというお子さんには「せんなぞり」がおすすめです。直線や、円など、ひらがなを書く前の基礎が身に付きます。

上手く線が書けると、女の子が三輪車で道を進むことができます♪

お母さんのところに到着し、はなまるスタンプゲットです♪

「せんなぞり」は6種類から選べますよ。

 こんな遊び方だってできちゃいます

スタンプでペタペタ♪お店屋さんごっこ

f:id:yamami654:20181114160206j:image

スタンプの種類が72種類と豊富なので、まだうまく絵が描けなくても大丈夫。

お店のカタチだけ書いてあげれば、子供の想像力で素敵なお店屋さんが出来上がり。

(絵が残ってなかったので今、描きました)

世界に一つだけのパラパラ絵本

娘と、娘のぬいぐるみが登場する世界に一つだけのお話です。

このお話は、おえかきアーティストを買ってすぐ作ったものですが、いまでも大切に保存してくれています。

名前が出てきてしまうのでおみせできないのですが、あとは私が以前テキトーに描いたマンガが残ってましたので載せてみます。

↑「動くアニメ」モード(娘作)

↑「パラパラアニメ」モード(やまみ作)

目に悪くないの?

娘は現在視力回復トレーニングに通っているので目はあまりよくありません。

しかし、おえかきアーティストはゲームと違い中毒性がありません。使っても1時間程度で自分から止めます。買ったばかりのときはやや長時間使用してしまいましたが、使う時間はお約束させると大丈夫かと思います。

また、ブルーライトカットの保護フィルムが別売りで売ってますので気になる方は購入をおすすめします。我が家では購入しませんでした。

f:id:yamami654:20181114154826j:image

機械なので手荒く使うと壊れる可能性があります。落下に注意したほうがいいです。我が家では外出に持っていくことはありませんでした。

子供は床に置いてしまうこともあるので踏んで割ってしまう可能性もあります。必ず、テーブルの上で使わせるようにしていたので、まったく壊れていません。

まとめ:おえかきアーティストは長く遊べるおもちゃです

娘が使い始めたのは5歳ですが、マンガ作成や、パラパラ写真は難しくて使えないゲームもありました。

小学生の現在はそういう機能も使って遊んでいるようです。さすがにもう毎日は遊びませんが月に数回出して遊んでいるようです(音が聴こえてくるので)

高かったけれど、長く遊んでくれているので満足なおもちゃでした!

スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう