やまみ
こんにちは!
元エステティシャンのやまみです♪
この記事では下半身が痩せない原因や、脚痩せの方法について紹介しています。

悩める女子
ダイエットしても下半身が太いままなんです…(涙)

やまみ
エステサロンでも下半身が気になると来店されるかたが多いんですよ~

悩める女子
実は…体重は割と標準値なんです。
上の服は9号なんですが、スカートやズボンは11号とか13号で(泣)

日本女性は体重の割に下半身が太いと悩んでいるかたが多いんです。

でも、「脚が太い家系だから」「昔、運動部だったから」と諦めなくて大丈夫!

この記事はこんな人にオススメ
    • 下半身を痩せたい
    • ダイエットしても下半身が痩せられない
    • 体重はそこまで気にしていない

    下半身をスッキリさせるのに必要なのは「少しの運動」「食事メニューの改善」「生活習慣の改善」です。

    ガッツリ運動したり、食事制限をするダイエットはもちろん効果も高いです。

    でも我慢ばかりの辛いダイエットは長くは続けられませんし、リバウンドにもつながりますよね。

    今回は2週間でサイズダウンを狙う方法について紹介しています。

    やまみ
    無理なく続けられる方法で、痩せ体型の習慣を身につけていきましょう!

    下半身太りの体型

    下半身太りの特徴 イラスト ヒップより太もものほうが太い 足首が太い

    下半身太りのかたに多い、体型の特徴をまとめてみました。

    1上半身は太っていない

    上半身よりも下半身が1~2サイズ大きいというかたは、上半身はそこまで太っていません。

    それでも、全体的に筋肉がなく二の腕なども割とポチャポチャした感じが多いです。

    学生時代に運動していたかたは、胸がなくどちらかというと筋肉質だったりします。

    2お尻より太もものほうが太い

    お尻より太もものほうが太いと、体型に合うズボンを探すのにもひと苦労しますよね。

    悩める女子
    ロングスカートでごまかすファッションが多くなりがちです…

    3太ももが冷たい

    太ももを触ると冷たくはありませんか?

    太ももが冷たいということは以下の理由があげられます。

    太ももが冷たい原因
    ・セルライトがたくさんある
    ・血流が悪い
    ・老廃物が滞っている

    41日中むくんでいる

    ふくらはぎや足首が、1日中むくんでいていませんか?

    1日中むくんでいると、むくんでいることにも気が付かないという場合も。

    普通体型の人も立ちっぱなしやヒールを履いた日はむくんでしまうことがあります。

    特に、夜にかけてむくみがちです。

    5足首が太い

    ふくらはぎと足首の太さがさほど変わらず、メリハリがない状態です。

    悩める女子
    アキレス腱が埋もれちゃってます(泣)
    スポンサーリンク

    下半身が痩せにくい5つの原因

    下半身が痩せにくくなっている原因は「不要なものを溜め込んでしまう体質」になっているからです。

    溜め込む体質の原因として、以下の5つがあげられます。

    痩せにくい原因
    1. 筋肉量が少ない
    2. 代謝が低い
    3. むくみやすい生活習慣
    4. 「出す力」が弱い
    5. セルライトが多い

    やまみ
    1つずつ説明していきますね♪

    1筋肉量が少ない

    筋肉量が少ないと「むくみ」や「代謝」に影響があります。

    筋肉には血液やリンパのめぐりを良くするためのポンプの働きがあります。

    下半身の筋肉が少ないと、脚から心臓に向かって押し上げるポンプの力が弱く、むくみの原因にもなってしまうのです。

    また、身体全体の筋肉量の50%以上を太もも部分で占めています。

    デスクワークや座りっぱなしの生活をしていると下半身の筋肉が量落ちるので、下半身太りの原因となります。

    やまみ
    「筋肉太り」は、筋肉の上に脂肪がついていたり、減った筋肉の代わりに脂肪が増えちゃったりしています!

    2代謝が低い

    筋肉が少ないと基礎代謝も低くなります。

    基礎代謝は身体の機能を維持するのに必要なエネルギーのことです。

    基礎代謝が高いと、身体を動かさなくても消費されるエネルギーも高くなります。

    基礎代謝の中で筋肉代謝が20%以上と1番エネルギーを使っているんです。

    悩める女子
    筋肉をつけると痩せやすくなるんですね!
    でもムキムキにはなりたくない…

    やまみ
    アスリートのような筋トレじゃないとムキムキにはならないので大丈夫ですよ!

    3むくみやすい生活習慣

    デスクワークの人はふくらはぎに老廃物が溜まりやすい 脚 イラスト

    座りっぱなしでいることが多いなど、むくみやすい生活習慣を行っていると、下半身は太くなります。

    座っていると、太ももの付け根とひざ裏が圧迫された状態が続くので、血行やリンパのめぐりが悪ってしまうのです。

    座りっぱなしの他にも、

    ・合わない靴
    ・姿勢

    なども、むくみの原因になります。

    やまみ
    エステティシャンは、お客様の脚を見れば立ち仕事か、座り仕事なのか大体わかっちゃいます!

    4「出す力」が弱い

    「出す力」とはお通じのことです。

    便秘までいかなくても、出す力が弱いと下半身に老廃物が溜まります。

    つまり「入ってくる量」よりも「出ていく量」が少ないと、太る原因にもなってしまうのです。

    やまみ
    カロリーを気にする食事よりも「出す力」を高める食事に変えていきましょう♪

    5セルライトがたっぷりついている

    太ももの裏がセルライトでボコボコしていませんか?

    下半身痩せの妨げになるのがこの「セルライト」です。

    やまみ
    セルフケアで解消するのがはかなりしんどいので、手強い相手です!
    スポンサーリンク

    下半身痩せに必要な期間は?2週間で-2cmを目指そう

    下半身痩せに必要な期間はまずは2週間です。

    あなたが理想とする脚にするにはもっと時間がかかるかもしれません。

    でも、「むくみが解消された」

    「ワンサイズダウンした!」

    という感じならば2週間あれば大丈夫です!

    それにだらだら続けても続けられない可能性がありますよね。

    2週間で結果がでればあとは、痩せる習慣をこのまま続けるだけでいいんです。

    悩める女子
    2週間なら、私でもできそうです~

    やまみ
    理想の脚に近づくことができますよ♪

     

    必ずサイズ計測しよう!

    お尻 太もも ふくらはぎ 足首のサイズ計測 イラスト

    下半身痩せを狙うなら、ダイエット開始前に必ずサイズ計測をしましょう。

    成果が見えないと続かないですし、結果もわかりづらいですよね。

    測るのは、4箇所でOK。

    サイズを測る部位
    ・お尻
    ・太もも
    ・ふくらはぎ
    ・足首

    下半身のサイズを測るのは結構難しくて、メジャーが斜めになって測ってしまうことも。

    また、「お尻の山」「太ももの1番太いところ」を自分ではわかりづらいかもしれません。

    友達や家族に協力してもらって測るのもアリです。

    やまみ
    エステの痩身コースでは必ず計測するので、「お試しコース」を受けて測ってもらうというのも手です!

    1~2センチなら少しむくみが解消されただけですぐに変わります。

    メジャーは100円ショップにも売ってますので、さっそく測ってみてくださいね♪

    created by Rinker
    Leonis(レオニス)
    ¥770 (2019/11/19 14:36:14時点 Amazon調べ-詳細)

    これでスッキリ!下半身太りを解消する方法

    サイズを計測してみましたか?

    ここからは下半身太りを解消する方法をテーマごとに紹介していきますね。

    1. 運動で筋力UP!
    2. 食事で「出す力」UP!
    3. セルフケアでその日のむくみを解消
    4. 生活習慣を改善
    5. エステで頑固なセルライトを撃退!

    やまみ
    気になるテーマから読んでみても大丈夫です♪

    1運動で筋力UP!

    下半身を細くするためには、筋肉量のUPがかかせません。

    強い負荷をかけるトレーニングはムキムキになる赤筋という太い筋肉がついてしまうのでおすすめしません。

    でも、軽い負荷で行うトレーニングは、白筋という細い筋肉をつけることができます。

    やまみ
    短距離選手は赤筋、長距離選手は白筋が発達しています!

    ウォーキング

    ウォーキングは筋力UPだけではなく、血流やリンパのめぐりを良くすることもできます。

    押し流すポンプの力が向上すれば、むくみづらい脚になり、代謝もUPしますよ。

    やまみ
    私も週末にウォーキングしてます!

    太もものトレーニング

    内転筋を引き締めるメリット 内転筋の場所

    太ももは大きな筋肉が沢山集まっている部位です。

    筋肉全体の50%以上を太ももが占めているほど。

    そして、太ももの内側にある内転筋を引き締めるトレーニングがおすすめです。

    太ももが引き締まるだけではなく、骨盤の位置を整えたり、ヒップアップ効果もあるんですよ。

    食事で「出す力」UP!

    ご飯(白米)を食べない食事は「出す力」が弱まります。

    食べ物を消化するためにもエネルギーとなる炭水化物は必要です。

    でも、カロリーを気にしてご飯を食べない女性は少なくありません。

    結局、ご飯の代わりにおかずを余計に食べてしまったり、小腹が減って間食をしてしまいます。

    実際、あなたもご飯抜きダイエットに失敗したことはありませんか?

    ご飯の量は握りこぶし1つ分くらいの量(100~150g)は食べるようにしましょう。

    セルフケアでその日のむくみを解消

    むくんだ下半身をほうっておくと、血行不良やセルライトの増加など、不要なものが溜まっていく一方です。

    ガチガチに硬くなった脚は痩せづらくなってしまいます。

    エステサロンでもほぐして燃焼させやすくするところから始めます。

    やまみ
    むくみ解消には便利なアイテムの助けを借りると続けられますよ♪

    マッサージローラー

    最新のマッサージローラーは電動式で、エステティシャンの手技である「揉み出し」を忠実に再現したものがあります。

    脚だけではなく、お尻やお腹も揉み出しができるのでおすすめです。

    やまみ
    おすすめはヤーマンのメガシェイプです!

    着圧ソックス

    むくみ解消に着圧ソックスもおすすめです。

    仕事中に履けるものや、就寝時専用など、好みにあわせて選ぶことができます。

    やまみ
    就寝用は朝のスッキリ感が違います!!

    生活習慣を改善

    姿勢が悪い イラスト ヒールが曲がっている O脚やむくみの原因になる

    生活全般で、むくみの原因になっているものはありませんか?

    気にしてほしいのが「ヒールが斜めに減った靴」です。

    O脚やむくみの原因となるので注意してくださいね。

    この他にも、

    ・湯船に浸かる
    ・姿勢

    なども、むくみや下半身の歪みの原因になるます。

    エステで頑固なセルライトを撃退!

    セルライトは1度ついてしまうと解消が難しいのが特徴です。

    脂肪細胞の中に、老廃物が溜まってしまった状態で、見た目もボコボコとして目立ってしまいます。

    無理につぶすようにマッサージするのは逆効果です。

    セルライトを撃退するのはエステサロンの専用のマシンが効果的です。

    深部から温めながらもみ出すマシンや、特殊な超音波を当ててセルライトを分解しやすくするマシンなどがあります。

    やまみ
    セルライトで悩んでいるならエステが1番です!

    まとめ:スレンダーな美脚を手に入れよう!

    身長に対して体重は標準値なのに、下半身だけサイズが大きいとダイエット方法も悩んでしまいますよね。

    痩せにくい原因は5つあります。

    1. 筋肉量が少ない
    2. 代謝が低い
    3. むくみやすい生活習慣
    4. 「出す力」が弱い
    5. セルライトが多い

    そして、下半身をスッキリさせる方法として、

    1. 運動で筋力UP!
    2. 食事で「出す力」UP!
    3. セルフケアでその日のむくみを解消
    4. 生活習慣を改善
    5. エステで頑固なセルライトを撃退!
    といった、5つの側面から取り組んでいくと成功できますよ。

    悩める女子
    脚の太さも気になるけど、セルライトも気になります~

    やまみ
    運動や食事法、そしてエステなど同時に開始すると相乗効果が期待できますよ♪

    1人でダイエットが難しいというかたは、エステサロンに通うことをおすすめします。

    食事や生活のアドバイスもしてくれますし、毎回、身体の測定もしてくれるので成果が目に見えてわかるので頑張って続けられます。

    特にセルライトで悩んでいるかたにはサロン通いはおすすめです。

    2週間でワンサイズダウンを狙えますので、実践してみてくださいね♪

    ↓加圧トレーニングとエステで相乗的に痩せられる↓

    ワンコインで痩身エステが体験できます↓

    スポンサーリンク



    Twitterでフォローしよう