この記事はこんなことが書かれています
  • 老けてみられるポイントは?
  • 40代が新しいコスメを買う前にすべきことは?

「最近老けてみられる…」

美容師さんが選んでくれたファッション誌が自分よりも世代が上のものだったり、はたまた同い年の人に年上扱いされてしまうことが度々起こるようになりました。

あまり気にしすぎもよくないですが、「わたしって老けてみえるのかな!?」とちょっと凹んでしまいますよね。

若すぎる必要はないけれど、実年齢より上に見られたくないのが本音です。

私は30代なのですがアラフォーの括りに入るので「40代」をとても意識しています。

もし初対面の人に実年齢よりも老けてみられるなら、老けてみられる原因があるんです。

どういうところが老けてみられるポイントなのか、そして40代に似合うメイクやファッションのコツについてまとめてみました。

悩める女子
目がくぼんできてブラウンシャドウが似合わなくなりました…

やまみ
年齢に合わせて似合うメイクも変えていきましょう♪

40代はヘアメイクを意識して変えていかないと老けていく!

今まで子育に忙しく、自分のメイクやファッションについてあまり意識してきませんでした。

でも、ファッション誌を読んでいて「メイクやファッションは意識して変えていかないとダメなんだ…」ということにハッとしました。

私のようにメイクやファッションを「今まで通り」でやり過ごそうとすると老けてみられるんです。

もちろん20代の頃のようなハリのある肌もないし、身体のラインなんて気にせず好きなものを着こなせるファッションはもう難しいです。

でもこの間、意を決して10年ぶりにデパートのコスメカウンターに行ってみました。

今まで無難なコスメばかり選んでいたのに、流行りの色や使ったことがない色を試すことができてワクワクした気持ちになれました。

年齢に負い目を感じず、40代でも似合うメイクやファッションを追求して「40代を楽しむ」というのも良さそうだと気づきました。

やまみ
「老けている自分」と「素敵な40代」の違いを研究して、新しいヘアメイクアイテムを取り入れてみました♪
スポンサーリンク

老けてみえるNGなヘアメイク6選

老けてみえるNGなヘアメイクはこちらです。

  1. 口紅の色が古臭いor地味
  2. チークやアイシャドウが濃すぎる
  3. すっぴんばかりで顔色が悪くツヤがない
  4. 眉毛のカタチが古臭い
  5. 不自然なカラーリング
  6. 髪がパサパサ&ボリュームがない

人は外見や言動から「あの人は○歳くらいかな?」を判断する癖を持っています。

ではどんなポイントで「老けて見える」と思われるのでしょうか?

「シワ」「シミ」「たるみ」も老けてみられやすいです。

でも1番は「髪型やメイク」なんですよね。

しかも20代30代の頃と目のカタチ口のカタチそして肌色なんかも変わってきます。

だから、ヘアメイクを変えていかないと「老けて見られる」ようになるんです。

やまみ
NGヘアメイクの詳細を見ていきましょう!

1口紅の色が古臭いor地味

口紅の色によって老けてみられてしまうことも

唇の色は年齢が上がるにつれてくすんでくるので口紅の色選びがポイントです。

バブル時期に流行った青みの強い赤リップは、現在も再熱しています。

でも服装や髪型などよほど気をつけないと「バブル臭」がにじみ出てしまうことも。

また、流行りのマット系のリップも40代以降は顔全体のツヤが失われつつある年齢には難しい印象があります。

逆に「口紅をしない」というのは一気に顔が土気色になって不健康な老け顔に見えてしまいます。

やまみ
流行の赤リップを取り入れつつ、40代にも似合う色選びがキモですね♪

チークやアイシャドウが濃すぎる

チークやアイシャドウをしっかり塗ってしまうと老けた印象を与えてしまう場合も

若い頃はチークやアイシャドウをしっかり濃く塗っても可愛らしかったのですが、年を取ってから同じことをすると品がなく老けてみえてしまいます。

肌の内側からほんのり赤らんでいる程度の少量のうっすらチークが正解です。

また、アイシャドウはブラウン系が目が大きく立体的に見えて重宝するカラーですが、年をとってからだと目が窪んでみえるし暗い印象になっていまいます。

すっぴんばかりで顔色が悪くツヤがない

すっぴんは顔色を悪くみせてしまう

「わたしすっぴんなの~♪」

と、すっぴん自慢をする人もいますが、すっぴんがきれいと思っている人は本人だけということも…

40代になると肌色がくすんできて今まで使っていたファンデーションの色が合わなくなってきます。

20代の頃と同じ品番カラーを使っていると、白浮きしてしまう場合も。

顔色がよく見えるように、くすみをカバーできてツヤ感がプラスできると印象も明るくなりますよ。

やまみ
すっぴんは紫外線や乾燥から肌ダメージを受けやすくなるのでNGです!

眉毛のカタチが古臭い

加齢 眉位置が上がる

20代の頃から眉毛のカタチが変わっていない人は要注意です。

眉毛はメイクや流行によって変わっていきます。

しかも、眉位置は年齢を重ねると上がります。

実際は眉位置は変わっていないんですが、まぶたが下がってくることで眉と目の間隔が空いてしまいます。

もっと年齢を重ねると、まぶたを開くためのまぶたの筋肉が衰えるので眉上の筋肉も使うようになります。

そうすると、眉位置は上がってしまいます。

不自然なカラーリング

真っ黒すぎるカラーリングは違和感を与えることに

白髪が目立つようになるとカラーリングをするようになりますよね。

白髪を気にするあまり真っ黒に染めてしまったり、変に茶色すぎたりはしませんか?

特に自分で白髪染めをしているなら浮いた色になってしまっていることが多いので要注意です。

髪がパサパサ&ボリュームがない

髪がパサついていてツヤがない

髪にボリュームがなくパサパサ、さらにペタンコだと寂しい印象になりがちです。

年齢を重ねると頭皮や髪の毛が痩せてくるのはある程度は仕方がありません。

ヘアオイルでツヤを出すのと、少しでも頭皮や髪の毛をいたわるために頭皮マッサージも大切です。

スポンサーリンク

老けてみえるNGなファッション

服

服装についてのNGポイントも紹介します!

1体型隠しの服ばかり

ゆったりした服は体型を隠せるかもしれませんが、実際よりも太ってみえてしまうことが多いです。

腰回りを隠したいとチュニック系を選びがちになりますが、流行りのロングカーディガンや体型に合ったワイドパンツを着こなすほうがスッキリ見えます。

大ぶりのイヤリングで小顔効果、ストールで首元の隠したり、顔を明るくみせることができます。

やまみ
小物使いがポイントです!

地味な色の服

年を取ると服の色もあえて挑戦せず「無難な色」「合わせやすい色」を選びがちになりますよね。

黒やグレー、茶色は着回ししやすいカラーですが、顔色が悪くなってしまうデメリットも。

顔に近い色は明るい色を持っていくと顔色も良く見えます。

若い頃とは肌の質感も変わってきますし似合う色も変わってきます。

明るい色に抵抗があるかたはスカーフなど小物からチャレンジするのがおすすめです。

新しいコスメを取り入れる前にやっておいたほうがいいこと

色鉛筆

NGポイントを知ったなら、さっそく新しいメイクやヘアスタイルに挑戦したいところですよね。

でもその前にやっておいたほうがいいことがあるんです。

それは「自分を知ること」と「土台を整えること」です。

自分に何が似合うかわかっていないと、メイクやヘアスタイル選びはできませんよね。

そして土台を整えておくことで、新しいヘアメイクが生きてくるんです。

そこで新しいヘアメイクに挑戦する前に、「パーソナルカラー診断」「眉毛サロン」へいくと新鮮だけどしっくりなじむヘアメイクを取り入れることができます。

パーソナルカラー診断を受けよう

パーソナルカラー診断はその名も「自分に似合う色を診断してもらう」ものです。

肌の色や瞳の色、そして自毛の色などからパーソナルカラーが決まります。

40代からは流行りの色を取り入れるよりも、「自分に似合う色を取り入れる」ほうがずっと大事。

ホットペッパービューティーで最寄りのパーソナルカラー診断ができるサロンや美容室を選ぶことができます。

無料で診断できるサイト一覧

眉毛サロンへ行こう

眉毛のカタチでガラリと印象を変えることができます。

眉毛サロンでは手入れの仕方もちろん、自分の骨格に似合うカタチを提案してくれますよ。

↓「眉毛サロンってどんなところ?」と不安なかたはこちらの動画がおすすめです

やまみ
近くの眉毛サロンを探すのにはホットペッパービューティーが便利です!

40代に似合うヘアメイクで気持ちも前向きに:まとめ

実年齢よりも老けてみられるのは「メイク」「髪型」「服装」が、流行に合っていないのと40代という年齢にふさわしくないからです。

自分だけでどうにか変えようとするのではなく、周囲のアドバイスを聞くもの大切。

新しいメイクやファッションを取り入れる前にまずは「パーソナルカラー診断」で似合う色を知ることや「眉毛サロン」にいってベースを整えてみましょう。

コスメでもプチプラで品質も良いものは沢山ありますし、若い人が使っているようなメイクブランドも使えます。

ファッションもユニクロなどお手頃で流行りを取り入れやすいので挑戦しやすいですよね。

やまみ
似合うメイクやファッションを見つけられると、気持ちも明るく前向きになれます♪
スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう